効果的なエクササイズ&スキンケア&アイクリーム体験をご紹介

目の下のたるみでお悩みのあなたへ

目の下のたるみを解消して見た目年齢マイナス10歳になる!

目の下のたるみで悩む女性

目の下のたるみが気になりだすと、同年代の友人と並んでいるときに、「会社の上司と部下」に間違えられたり、年齢の離れた友人と勘違いされてしまった経験はありませんか?

悔しい思いから、ネットで見つけた方法を手当たり次第に行うこともあるでしょうが、非常に危険なので、今すぐ止めましょう。皮ふの薄い目の下はたるみやすく、シワにもなりやすいです。

知識のないまま何とかしようとして、逆に一層たるみをひどくしてしまう可能性が高いです。一緒に目の下のたるみの原因を理解し、解消していきませんか?

今よりも10歳若々しく見えるスキンケアやエクササイズ方法、医療処置についてや効果が高いと評判の化粧品・サプリメントについて正しく学びなおしましょう。

目の下がたるむ本当の原因

目の下がたるんでしまうのには様々な原因があります。ひとつひとつを照らし合わせ、あなたのたるみの原因を突き止めていきましょう。

目の下のたるみの原因は大きく分けて6つあるのです。

1.加齢
加齢による目の下のたるみ

一つ目は加齢が原因となっている目の下のたるみです。

目の周りに存在する眼輪筋の力が衰えてしまうことや、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの肌のハリをキープしている成分が不足してしまうことが挙げられます。

眼輪筋の力が衰えると筋肉が脂肪を支えることができなくなり、そしてその脂肪が垂れ下がってしまうことで疲れ顔になってしまうのです。

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の水分を保持する役目があるので、減少してしまうことにより、ハリがなくなる原因となるのです。

2.メイク
メイクや洗顔方法が原因となる目の下のたるみ

二つ目はメイクアップや洗顔、メイク落としの方法が間違っていることが原因による目の下のたるみです。

メイクアップや洗顔、さらにはメイク落とし時に目元に強い刺激を与えてしまうことが目の下のたるみの原因となっています。

メイクアップ時や洗顔時は、強く擦られた皮膚が伸びてしまうこと、メイク落とし時は、目の下の皮脂を落としすぎたり、擦りすぎることによって、目の下のたるみを引き起こす原因となるのです。

3.スキンケアの誤り
保湿不足が原因で起こる目の下のたるみ

三つ目はスキンケアが誤っていることが原因で起こる目の下のたるみです。

化粧水のみを使用している場合や、肌が十分に水分を吸収する前に保湿を終わらせてしまうことが目の下のたるみの原因となっているのです。

同時に皮ふの老化も進んでしまうので、ターンオーバーが不正常になり、目の下のたるみだけでなく、肌のくすみの原因にもなるので要注意です。

4.生活習慣

四つ目は生活習慣の悪化が原因による目の下のたるみです。

過度の飲酒習慣

お酒の飲み過ぎや習慣化が原因で起こる目の下のたるみ

お酒を頻繁に飲む人は、顔のむくみを経験したことがあると思います。むくみ自体は、しっかり解消できれば問題がないのですが、リンパマッサージを行い老廃物をしっかりと排出しなければ、目の下だけでなく、体全体のたるみの原因にもなってしまいます。

偏った食生活

偏った食生活が原因で起こる目の下のたるみ

また、偏食をしている場合は、目の下のたるみ予防に役立つビタミンやミネラル、コラーゲンを生成するのに必要なアミノ酸を摂取出来ず、目の下の皮膚がハリを失いたるみの原因となって、たるみを引き起こします。

甘い物を好む人も要注意です。糖分の過剰摂取は、体内のたんぱく質と糖質が結合することによるコラーゲン喪失が起こるのです。

喫煙習慣

喫煙が原因と思われる目の下のたるみ

たばこを吸う場合は、体内のビタミンC量の低下がコラーゲンの生成を妨げ、目の下のたるみの原因となり、皮膚の老化に繋がります。

睡眠不足

睡眠不足による目の下のたるみ

睡眠不足はターンオーバーや基礎代謝を低下させますし、スマホやパソコンの使い過ぎは眼精疲労状態になり老廃物を蓄積させやすくなります。

長時間のパソコンやスマホの使用

パソコンやスマホで目を酷使することによる目の下のたるみ

特にスマホやパソコンの使い過ぎは、目の下のたるみ以外にもスマホ老眼や猫背、ストレートネックを引き起こすこともあります。

運動不足

運動不足が影響していると思われる目の下のたるみ

運動不足の場合もターンオーバーが乱れる原因になる為、目の下の皮膚がハリを失いたるみの原因となります。

5.ストレスや精神的なダメージ

五つ目は精神的ダメージによる目の下のたるみです。

ストレスの影響による目の下のたるみ

不安な気持ちを抱える時間が長くなると、脳内のセロトニンの分泌が減少します。それにより、ストレスを強く感知して活性酸素を生み出してしまい、肌のビタミンC減少やターンオーバーが遅れる原因となってり、基礎代謝の低下が発生し、目の下のたるみの原因に繋がってしまうのです。

6.アレルギー

六つ目はアレルギーや病気が原因の目の下のたるみです。

ストレスの影響による目の下のたるみ

アレルギー症状の中には、目のかゆみを引き起こすものがあります。就寝時などの無意識状態では、気づかぬうちに目をこすっている場合があるのです。皮膚の摩擦により目の下のたるみを加速させることがあります。

また、アレルギー性鼻炎などの、鼻水が出やすい症状が出やすい人は、蓄膿症を併発しやすい為、副鼻腔炎を引き起こし目の下のたるみの原因となってしまう可能性があります。

このように、様々な原因が挙げられる目の下のたるみは、一つ一つ原因となっているものを排除していく必要があります。自身の私生活を振り返り、目の下のたるみを引き起こす原因を突き止め、手頃なものから改善して目の下のたるみを治していきましょう。

目の下のたるみを解消するエクササイズ

眼輪筋

目の下のたるみの原因の一つとなっている眼輪筋の減少や機能低下。活用されなくなった眼輪筋が、脂肪に代わってしまうことで、目の下のたるみを引き起こしてしまうので適切な解消法を施さなければいけません。

目の下のたるみを解消するためには、眼輪筋を意識的にエクササイズによって動かしてあげることが効果的です。

目の下のたるみ解消エクササイズ方法の中でも、効果的で簡単だという理由から人気の方法が二つあります。

キャロル・マッジオ考案の「フェイササイズ」という目の下のたるみ解消方法と、「整顔マッサージ」と呼ばれる、田沼邦彦考案の解消方法です。

どちらも自分で行える簡単なものなので、生活に取り入れやすく、続けやすいのが特徴です。目の下のたるみを解消するために、目のまわりの眼輪筋を鍛えるエクササイズなので、たるみ解消だけではなく、目元がぱっちりと見えるのもポイントです。

フェイササイズ
フェイササイズ

フェイササイズは基本姿勢を身に着け、まばたきにより酷使している目元の乳酸を流して痛みやたるみを和らげていきます。

動きだけではなく、目の下のたるみを解消していくためにエネルギーを循環させるイメージを明確にすることでさらに効果を発揮してくれるのです。

フェイササイズでは目の下のたるみを解消させるために、基本的なエクササイズとプログレッシブ・フェイササイズの2つのエクササイズがあり、基本では目を大きくして下まぶたにハリを与えるエクササイズを行い、目の下のたるみを解消しやすい状況を作ります。

プログレッシブ・フェイササイズでは、目の下のたるみを解消するエクササイズと下まぶたを引き締めてたるみきった目の下の筋肉を引上げます。

整顔マッサージ
整顔マッサージ

整顔マッサージは、目元の眼輪筋を意識的に動かすフェイササイズとは違い、押したりもみほぐす工程が基本です。

フェイササイズで、基本姿勢を身に着けたりたるみを解消させる為の、エネルギー循環イメージを明確にしていくのと同じで、エクササイズの前に事前の準備を行います。

整顔マッサージの前にはスタートアップストレッチとして、頭皮マッサージ・首まわし・首傾け・首倒し・・肩回しを行い、目の下のたるみを解消させる準備をします。

そこから整顔マッサージのステップへ移り、耳の上や鼻筋、まぶたや目の下、頬骨を押すステップを6つ行います。

その後、眉まわりや頬をもみほぐし老廃物を排出させます。

それから、まぶたや目の下、頬、口角、フェイスラインを百会のツボを押しながら引き上げて目の下のたるみを解消していきます。

フェイササイズ、整顔マッサージともに、サロンやエステなどで30分以上の時間をかけて行いますが、毎日5分で行うことも可能なので、目の下のたるみを解消したい場合は、まず取り入れてみるのがオススメです。

目の下のたるみを解消するスキンケア

目の下のたるみを解消するのに良いと言われているスキンケア方法は数多くありますが、その中でも、より目の下のたるみ解消に効果の高いスキンケアについて紹介します。

目の下のたるみ解消に役立つスキンケア用品として効果的なのは「ソンバーユ」「アイショットクリーム」です。この2つの中でもより身近に感じられるソンバーユは、いったいどのような部分が目の下のたるみ解消に役立つのでしょうか?

ソンバーユ
ソンバーユでスキンケアする女性

ソンバーユは馬の油を原料として精製されたクリームです。たいていの場合は無添加・無香料なので、安心して利用できるのが特徴です。また、馬の油に含まれるセラミドは人間の体に含まれるセラミドと非常によく似ていることから、スキンケア用品として、昔から広く使われているものなのです。

ソンバーユを洗顔後にブースターとして使用することで、肌への化粧水浸透率を上昇させることができるほか、血行促進による新陳代謝を良くする効果があるので目の下のたるみの原因となっているむくみの解消にも繋がるのです。

また、皮膚の角質層まで深く浸透してくれるので、ターンオーバーのサイクルを整えてくれるので、こちらも目の下のたるみ解消のために役になっていると言われています。

目の下たるみ専用のクリーム
目の下のたるみに効果的な成分をつかったクリームでケアをする女性

目の下のたるみをケアするクリームは皮膚が薄く弱い目元の小ジワやたるみを解消するために開発されたスキンケア用品で、主にコラーゲンなどのターンオーバーのサイクルを整えたり、目の下の皮膚の水分を保つ成分が配合されているものがほとんどです。

有名なものでは「アイキララ」や「エスティローダー アドバンスタイムゾーン」などがあります。価格は2000円程度から販売されているので、お値段と効果を比較して、目の下のたるみ解消に利用している人が多いようです。

目の下のスキンケアを行うポイント

目の下専用クリームやソンバーユを購入して目の下のたるみを解消する準備をしたら、次にスキンケアのやり方を覚える事が大切です。

目の下のたるみを解消するために目の下専用のクリームやソンバーユを塗っているのに、やり方次第で逆効果に働いてしまう可能性もあるからです。

目の下のたるみを解消するためにクリームやソンバーユを使用する際には、決して擦りすぎず、優しくクリームを塗り込むことが重要です。

また、目の下のたるみが起こっている場合には、目の下の皮膚の水分が足りていないので、しっかりと浸透させましょう。

目の下のたるみを解消するためには、とにかく上記で述べた「スキンケア用品」と「使用方法」に注意する必要があります。効果のあるものを正しい使い方をして、目の下のたるみを解消させましょう。

目の下のたるみ解消にも効果的だと評判のアイキララとは

目の下のたるみを解消するのに効果的だと言われているスキンケア用品「アイキララ」。アイキララとは一体どのような商品なのでしょうか?

アイキララ
公式サイトはこちら

アイキララは、目の下専用のアイショットクリームで、2016年モンドセレクション金賞を受賞しているほどのスキンケア用品です。

目の下のたるみで10歳老けて見える

女性の見た目年齢を左右する目元。特に目の下のたるみがあると実年齢よりも10歳以上年上にみられてしまうこともあるので、出来れば予防・解消したいものです。たるみを解消させるために販売されている目の下たるみ専用のクリームの中でも、口コミの評価が高くオススメなのがアイキララなのです。

眼輪筋の衰えが原因で突出してくる眼窩脂肪

加齢による目元のたるみの原因のひとつに「皮膚が痩せてしまう」ことが挙げられます。コラーゲンが減少し、皮膚内でキープされていた水分や栄養が流出してしまうことで発生してしまう目元のたるみを解消するには何をすればよいのか?に注目して開発された商品なのです。

アイキララを取り入れたスキンケアを継続することによって、目の下の皮膚を健康的にふっくらとした肌に戻すことで、目の下のたるみを解消してくれます。

アイキララのコラーゲンサポート成分「MGA」

目の下のたるみを解消するために、アイキララに配合されている主な成分として代表されるのが「MGA」です。これは、コラーゲンをサポートし、コラーゲンの栄養素を肌に留める役目のある成分であるため、アイキララを使用していくうちに、目の下の皮膚内にあるコラーゲンが流出されにくくなります。

目の下のたるみ解消で実年齢より10才若く見える女性

そして、アイキララを使用することで、肌の機能も安定するので、ターンオーバーも正常に行われるようになって、健康的な肌に代わり、目の下のたるみが目に見えて少なくなっていきます。アイキララを使用して目の下のたるみが健康的な肌になっていくことで、目の下が一段と明るくなり、若々しくなるでしょう。

アイキララの使い方。簡単です!

アイキララの使用方法は実に簡単です。朝夜1回ずつ洗顔後、化粧水を浸透させた目の下に、1プッシュ分のクリームを伸ばし、そのあとに普段と同じように乳液や美容液をつけるだけでケアが完了するので、忙しい毎日を過ごす女性にぴったりのアイショットクリームなのです。

1カ月分のアイキララは2980円なので、エステに通って目の下のたるみを解消させるよりも、アイキララを使用してお手頃にケアできます。

また、アイキララを使用した人の80パーセント以上が、アイキララに満足しているという結果や口コミもあるので、目の下のたるみが気になっているけれど、エステに通うお金や時間を節約したい女性、または目の下のたるみ予防をしたい人はアイキララを使用するのがオススメです。

アイキララの口コミはこちら

上記の中から原因を突き止めたら、次に、衰えてしまった眼輪筋を鍛えるための、整顔マッサージやフェイシャサイズといったエクササイズを取りいれると効果的です。

さらに、アイキララなどの目の下専用アイショットクリームを使用したスキンケアを取りいれることで、コラーゲン生成成分などが、目の下のたるみの解消効果をグンと引き上げます。これによって、より早く10歳以上若返り、理想とする姿を手に入れられるでしょう。

すぐには無くせない目の下のたるみを目立たなくするメイク法

目の下 たるみ メイク

目の下のたるみが気になる人は、スキンケアのほかにもメイクに気を遣う場合が多いと思います。

目の下のたるみを目立たなくさせるメイク方法とはどのようなものなのでしょうか?

また、目の下のたるみを目立たなくするメイク用品の選び方はあるのでしょうか? 

コスメの選び方やメイクアップで目の下のたるみを目立たなくする方法を探してみましょう。

目の下のたるみを目立たなくするメイクのポイント

目の下のたるみがあることによって、見た目の年齢は10歳も高く見えてしまいます。最近、アンチエイジング用のスキンケアについつい目がいってしまったり耳を傾けるようになったという人は要注意です。客観的に見て目の下のたるみが目立ってきているのかもしれません。

そこで、アイクリームなどを使用したスキンケアやエステの施術、マッサージを行って、長期的に目の下のたるみを解消させていこうと考えている人も多いと思います。

しかし、長期的な目の下のたるみ解消のアプローチをしているあいだは、顔にある目の下のたるみは隠せませんよね。メイクで目の下のたるみを目立たなくさせる必要があるのです。

コンシーラのタイプ別特徴と選び方

チューブタイプのコンシーラ

コンシーラーなどの選び方でも、目の下のたるみを目立たなくさせられるのを知っていましたか?目の下のたるみはメイクで隠すことが出来るのです。

メイクをするとき、メイクベース、コンシーラー、ファンデーションの順に顔に塗っていくと思います。目の下のたるみを目立たなくさせるために、メイクでもっとも力を入れたいのは目の下に塗るコンシーラーでしょう。

コンシーラーは、たるみ具合やクマの色によって選び、より若々しく見えるようにメイクしましょう。

例えば、赤っぽいクマや茶色っぽいクマはイエローベースのコンシーラーでメイクすると、目立たなくなります。

青いクマにはオレンジベースのコンシーラーでメイクするのが良いのです。

次に、コンシーラーのテクスチャ―です。

コンシーラーは、筆ペン、スティック、ペンシル、クリームなど様々なタイプがあります。そのそれぞれの特徴をとらえて、目の下のたるみを目立たなくするメイクをしていくと良いでしょう。

筆ペン・ペンシル・スティックタイプのコンシーラ

筆ペンやペンシル、スティックタイプのコンシーラーは、ピンポイントで隠したい部分に塗ることができます。キャップを外して、直接隠したい部位に塗れるので目の下のたるみをカバーするのに便利です。

これは、薄く塗ることが出来るため、メイクで色のムラをうまく隠すことが出来るからです。

テクスチャ―は筆ペンやペンシルタイプなら柔らかめ、スティックタイプだと固めです。

クリームタイプのコンシーラ

クリームタイプは、テクスチャ―が柔らかめなので、肌に密着しやすいのです。ファンデーションなど、次々に重ねて塗っていくメイクでは、薄く延ばせることも重要でしょう。

そのことから、目の下のたるみを目立たなくさせるメイクをするのには、クリームタイプのコンシーラーが向いていると言えるでしょう。また、出来る限り柔らかめの使い心地のものが良いでしょう。

さらに、クリームタイプなどの柔らかめのテクスチャ―のコンシーラーには、目の下のたるみを解消させるために役立つ美容成分を含んでいる場合もあります。メイクをしながら、配合される成分で目の下のたるみを改善出来れば一石二鳥でしょう。

このように、目の下のたるみを目立たなくするメイクでは、コンシーラーが最も重要なキーとなります。自分の肌の色やクマやたるみの状況に合わせてメイクができるように、向いているものを選択しましょう。

このページのまとめ

目の下のたるみの原因をしっかりと突き止め、改善できるものは意識的に取り入れていきましょう。

主な要因を下記に再度まとめてあるので、今一度振り返り、生活を見直してください。

目の下のたるみ原因と対策のまとめ
  • 老化による目の下のたるみ
  • メイクアップ・洗顔・メイク落としによる目の下のたるみ
  • 誤ったスキンケア方法による目の下のたるみ
  • 生活習慣による目の下のたるみ
  • ストレスによる目の下のたるみ
  • アレルギーや病気による目の下のたるみ
  • 目の下のたるみを目立たなくさせるコンシーラーの選び方
  • コンシーラーはクマのタイプによって色味とテクスチャーを選ぶ
  • コンシーラーは美容成分の配合されているものを選ぶ
アイキララ