目の下のふくらみが気になるなら

目の下のふくらみの原因と対策

      2016/08/25

若い頃にはなかった目の下のふくらみをなんとかするには

目の下のふくらみを気にする女性

年を重ねるについて、目の下のふくらみが気になってきたと感じる人は男女問わず多くいるのではないでしょうか。

まずは目の下のふくらみが進行してしまう原因、ふくらみがたるんでしまう理由を知りましょう。そして、それに合わせた解消方法を行うことで目の下のふくらみを抑えていくことで、加齢による目元の老けを防止していきましょう。

目の下のふくらみとその原因

目の下のふくらみが加齢とともに酷くなってきてしまうのには、どのような原因があるのでしょうか?

眼窩脂肪がたまった様子

年齢と共に気になってくる目の下のふくらみは、目袋と呼ばれます。加齢とともに目の下のふくらみが気になってしまうのは、眼窩(がんか)と呼ばれる目のくぼみの部分にある眼窩脂肪が表面に出てきてしまうことが目の下のふくらみの原因と言われています。

眼窩は、頭蓋骨の目のくぼみの部分で、眼窩脂肪は眼球を抑えるクッションのような役割をしています。眼球の周りにあるLookwood靭帯や眼窩隔膜、眼輪筋によってそれらを支えているのですが、このLookwood靭帯や眼窩隔膜、眼輪筋の力が加齢により落ちて来るのが原因で、眼球の重さに耐えられなくなった眼窩脂肪が表面に浮かび上がってくるのです。

また、目の下のふくらみを悪化させる原因として、むくみも考えられます。加齢によって新陳代謝の低下により、水分や老廃物が流れにくくなり蓄積して目の下がふくらんでしまうこともあるのです。

どちらか一方が原因の場合もありますし、両方が目の下のふくらみの原因になっている場合もあるので、目の下のふくらみの原因に合わせた解消法をしていく必要があります。

目の下のふくらみを解消するには

目の下のふくらみの原因から、次はどのような解消方法によって目の下のふくらみを解消していくのかを選ぶことが必要となってきます。

目の下のたるみがとれた女性

目の下のふくらみの解消法は大きく分けると3つあり、エクササイズ、スキンケア、美容整形となっているので、それぞれの特徴をとらえて、若々しい目元をとり返しましょう。

目の下のふくらみを解消する方法として、美容整形以外のものは基本的に大きな費用が掛からないので、チャレンジしやすいのがポイントです。

目の下のふくらみを解消する方法として眼輪筋エクササイズや表情筋エクササイズ、フェイササイズ整顔マッサージなどがあります。

エクササイズと並行してアイクリームや目元用の化粧水といったスキンケア用品を利用すると効果を早く実感できるようです。

また、手早く目の下のふくらみを解消したい場合には、美容整形手術が良いでしょう。美容整形手術は、肌に切り込みを入れて、脂肪の位置を調整したり切り出すもの、レーザーや超音波を利用して脂肪を分解するもの、コラーゲンを注入するものと方法が様々あり、価格もそれにより大きく異なります。

長期間かけて目の下のふくらみを解消していきたいのか、短期間で目の下のふくらみを解消したいのか、エクササイズやスキンケアの手間を掛けられる状況なのかなど、自分の生活スタイルに合わせた方法で解消していきましょう。

このページのまとめ

目の下のふくらみが加齢により目立ってきてしまうのには理由があります。眼輪筋や眼窩隔膜、靭帯のたるみによって眼窩脂肪が表面に押し出されてしまう場合、新陳代謝の低下によって老廃物や水分が蓄積して目の下がふくらんんで見える場合とあるので、自分の原因は何なのかを特定しましょう。

原因がわかれば、あとは解消しいていくだけですので、時間を掛けられるのか、費用を掛けられるのかを考えながら、エクササイズや美容整形手術、スキンケアのうちで自分に合っている方法を選んでいくと良いでしょう。

 - ふくらみ

全額返金保証付き!お試しコース解約自由!購入はこちら

アイキララ ovl(026)